センター入試解説講座

  • 2016.01.18

森山のセンター地学基礎全問詳解 ~2016地学基礎~

【総評】  全体的に教科書に沿った標準レベルの問題である。一部見慣れない問題もあったが、消去法を用いれば基礎的な知識で解けたであろう。図を読み取り計算させる問題も取り組みやすく、全体として易化した。日ごろから教科書の内容を理解し、図やデータをもとに考える訓練をしておくことで、高得点が狙える問題であった。 【第一問:地球・地層・火山・岩石:「やや易」】 問1 震度=「揺れ」を表す数値  マグニチュー […]

  • 2016.01.18

森山のセンター生物基礎全問詳解 ~2016生物基礎~

【総評】 設問の大半が,教科書の内容を押さえておけば解答できる知識問題であるが,誤りの選択肢の中には細かな知識を要求するものや,数式を立てにくい計算問題もあり,全問正答するのは難しかったと思われる。 【第一問:生物と遺伝子:「標準」】 問1 ミトコンドリア→「呼吸」→にグルコース分解、エネルギー取り出し、二酸化炭素と水に分解 問2 ア=D イ=C ウB エ=Y オ=Z カ=X  ★難 問3 ATP […]

  • 2016.01.18

2016年センター国語 古文全訳

 男は「これまでだなあ。」と思っている時に、一人の鬼が走ってきて、男を捕らえ、連れ上げた。鬼たちがいうには、「この男は、重い罪があるはずのものでもない。許してやれ。」と言って、鬼が四五人ほどで、男に唾を吐きかけながらみな通り過ぎてしまった。  その後、男は殺されなくなったことを喜んで、気分が悪く頭も痛かったが、我慢して、「早く家に行って、先ほどのことを妻に話そう。」と思って、急ぎ行き家に入ると、妻 […]

  • 2016.01.18

森山のセンター国語全問詳解 ~2016(三)古文~

*問一  ア3 イ5 ウ1  各5点 傍線部ア 「念じて」 *「念ず」=「①我慢する ②祈る」 *文脈より「我慢して」で3が正解。 傍線部イ 「いかでかこの迫よりは入らむ」 *「いかで(か)」=「①どうして~か ②どうにか~したい」 *直前に「門閉ぢて開かねぱ、牛飼、牛をば門に結ぴて、扉の迫の人通るべくもなきより入るとて(=門が閉じて開かないので、牛飼は牛を門に結び、扉の隙間で人が通ることもできな […]

  • 2016.01.17

森山のセンター国語全問詳解 ~2016(一)評論~

*問一  (ア)3 (イ)5 (ウ)5 (エ)3 (オ)5  各2点 (ア)繕う  1漸増 2全容 3営繕 4然   5禅 (イ)収束  1反則 2促進 3閉塞 4即発 5束縛 (ウ)顧みて 1故意 2古式 3鼓舞 4孤独 5顧慮 (エ)回避  1大会 2大海 3転回 4外界 5開陳 (オ)縮減  1祝し 2粛々 3宿敵 4淑女 5緊縮 同音異義語(転回-展開)、難語(営繕、顧慮、縮減)弾劾)、間 […]

  • 2016.01.17

森山のセンター国語全問詳解 ~2015(三)古文~

問一  (ア)④ (イ)② (ウ)①  各5点 (ア)あじきなき嘆き *傍線前後は「男の御心には、まして恨めしう、あぢきなき嘆きに添へて」となっているので、傍線部分の主体は男君。またこの部分の客体が「御子」になるならば、その後の「御子の御気配もいとつつましう」という部分に矛盾するので、傍線部分の客体は「女君」であろう。 *「あぢきなし」・・・①おもうようにならない ②つまらない・無意味だ *「嘆き […]

  • 2016.01.17

森山のセンター国語全問詳解 ~2015(二)小説~

*問一  (ア)③ (イ)⑤ (ウ)③  各3点 (ア)透明な・・・「石を見つめる透明な行為」は「決まった形がない行為」である。 (イ)とくとくと・・・得意そうに (ウ)追い討ちをかけて・・・何回も繰り返し働きかけること *問二  ②  7点 傍線部A「言葉を持たない石のような冷やかさが、その冷たいあたたかさが、とりわけ身にしみる」とあるが、それはどういうことか。 *傍線部直前に「だから」という接 […]

  • 2016.01.17

森山のセンター国語全問詳解 ~2015(一)評論~

*問一  (ア)⑤ (イ)⑤ (ウ)② (エ)④ (オ)④  各2点 (ア)垂れる  ①心酔 ②睡魔 ③無粋 ④自炊 ⑤懸垂 (イ)大概   ①外泊 ②弾劾 ③形骸 ④感慨 ⑤概要 (ウ)潤沢   ①循環 ②湿潤 ③殉教 ④巡回 ⑤純度 (エ)端的   ①丹精 ②枯淡 ③大胆 ④発端 ⑤探求 (オ)奏で   ①捜査 ②双眼 ③一掃 ④奏上 ⑤操業 同音異義語(大概ー対外、丹精ー端正)、難語(枯淡、 […]