古文スキルアップ 入試頻出の助詞

 確かに古典文法で「助詞」は大切なのだが、必ずしも全てを覚える必要はありません。
 今回は、入試頻出の「助詞」、あるいは解釈において重要な「助詞」をピックアップするので、ぜひ「ここに掲載されている助詞だけ」を確実に覚えて下さい!
 
●格助詞
「が」「の」
① 主格 (~ガ)
② 連体格 (~ノ)
③ 同格 (~デ)
* ~ 連体形 名詞 + の + ~ 連体形 [名詞=省略]+ 助詞・・・
④ 準体格 (~ノモノ)
 
 
●接続助詞
「ば」
① 未然形 + 「ば」 = 順接仮定条件
   → 仮定 (モシ~ナラバ)
② 已然形 + 「ば」 = 順接確定条件
   → 理由条件 (~ナノデ)
   → 恒時条件 (~スルト、イツモ)
   → 偶然条件 (~スルト、タマタマ)
   → 単純接続 (~スルト、~トコロ)
「と」
① 終止形 + 「と」 = 逆接仮定条件 (~テモ)
「ど」「ども」
① 已然形 + 「ど」 = 逆接確定条件 (~ケレド)
「で」
① 打消接続 (~ナイデ)
 
●副助詞
「だに」
① 類推 (~サエ)
*「~さえ・・・だ。まして~はなおさらだ。」の文脈になる。
② 最小限の希望 (セメテ~ダケデモ)
*文末に「希望や願望の助詞や助動詞」がある。
「すら」
① 類推 (~サエ)
*「だに」ほど頻出ではない。
「さへ」
① 添加 (~マデモ)
*何に加えて何までもなのか、文脈を押さえる必要あり。
「し」
① 強意 (訳出しない)
*サ変や過去の助動詞「き」の連体形との識別で頻出。
 
●係助詞
「係り結び」
「ぞ」「なむ」「や」「か」 → 文末 = 連体形
「こそ」 → 文末 = 已然
「不安・懸念」
「もぞ」「もこそ」 (~スルト困ル・~シタラ大変ダ)
係り結びの逆接用法
「こそ」~「已然形」、~ (~ケレドモ)
 
●終助詞
「なむ」
① 他への願望 (~シテホシイ)
*この場合は「未然形+なむ」になる。
*「連用形+なむ」は強意「ぬ」未然形+推量「む」となる。識別で頻出。
「ばや」
① 願望 (~シタイ)
「そ」
① 禁止 (~シナイデクレ・~スルナ)
*この場合は「な」~「そ」になる。
「てしが」「てしがな」
① 自己の希望 (~シタイ)
*この場合は連用形接続になる。
「もが」「もがな」
① 他への希望 (~ガアレバイイナア・~ガホシイ)
*この場合は体言・形容詞・連用形接続になる。
 
 
 まずはここを確実に覚えて下さいネ!
 

moriyama について

時習館ゼミナール/高等部
カテゴリー: スタディーサポート, 古文スキルアップ, 国語 パーマリンク

2 Responses to 古文スキルアップ 入試頻出の助詞

  1. アスカラングレー のコメント:

    ナイス!

  2. Payoneer中国 のコメント:

    这个网站是一个奇妙的网站。因此,我在这里提出一个建议:
    现在,在中国,你必须发送,并通过了世界上最好的汇款服务收钱的选项。注册,您将收到一个免费的借记卡,你可以从自动取款机直接拿钱。注册并免费获得25美元,第一次加油卡。中国Payoneer提供了超过200个国家,只有几个小时所支付的可能性。不要错过这个服务。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。