第5文型の理解 (4) 使役動詞 “have”






◆第5文型の理解 ~まず最初に!~

●第5文型の特徴
O-C 間に、「ネクサス」が成立する。

●「ネクサス」とは
英文中で、・・・名詞述部.~という形が出てきたときに、下線分の部分に「主語述部」という関係が成立する場合、これをネクサスと呼ぶ。

●第5文型の「ネクサス」の形
主語 + 動詞 + O(目的語)C(補語) ・・・の「」部分に「主語述部」というネクサスが成立する。

●C(補語)に動詞が入る場合
「ネクサス」部分の文意によりC(補語)の形が変わる。
ネクサス=Oが Cする     C(補語)原形 / to原形
ネクサス=Oが Cしている   C(補語)現在分詞
ネクサス=Oが Cされる    C(補語)過去分詞

●C(補語)に入ることができる品詞や形
述語動詞(V)によって決まる。






◆第5文型の理解 (4) 使役動詞 “have”
★使役動詞 “have” は、「依頼」「被害」を示す。
*単純に「~させる」という訳し方にならない場合が多いので、注意が必要!
1) 「C(補語)=原形」の場合 → 「依頼」:O を C してもらう
●I had the engineer repair my computer.
→私はその技師にコンピューターを修理してもらった
2) 「C(補語)=過去分詞」の場合 → 「被害」:O を C される
●I had my hat blown off.
→私は帽子を吹き飛ばされた。
3) 「C(補語)=現在分詞」の場合 → 「放置」:O を C させておく
●I can’t have him talkng like that.
→私はかれにそんなことを言わせておくことはできない。

★ 基本的には、 「C=原形」→「依頼」、「C=過去分詞」→ 「被害」となるが、ネクサスを考えて原形か過去分詞か決めることが大事。

★ 3)の例文は中堅以上私立大学のみに狙われ、センターや中堅以下私立では不要。
★ とにかく、この使役動詞 “have”は、 受験英語でももっとも出題される文法事項である。しっかりと暗記すること!

お気軽に感想や要望等、コメントください!





探し物は何ですか? 見つけにくいものですか♪





あれな~に? これな~に?





moriyama について

時習館ゼミナール/高等部
カテゴリー: 英語, 英語語法ミニ講座 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。