古典 全訳とポイント 漢文 孟子「性善説」&テスト

全訳とポイントを見る前に、はい!



告子日「性猶滞水也。
→ 告子曰はく、「性は猶ほ湍水のごときなり。
★ 告子が言うには、「人の本性は(せき止められて)うず巻く流れのようなものだ。
  → *「猶」=なホ~ゴトシ:再読文字
決諸東方、則東流。
→ 諸を東方に決すれば、則ち東流し、
★ 東方にせきを切って落とせば、水は東に流れるし、
  → *「決」=決壊  *「則」=条件節を示す(特に訳さない)
決諸西方、則西流。
→ 諸を西方に決すれば、則ち西流す。
★ 西方にせきを切って落とせば、水は西に流れる。
  → *水は西にも東にも流れ、水自体にその区別はない
人性之無分於善不善也、
→ 人性の善不善を分かつ無きは、
★ 人の本性に善・不善の区別がないのは、
  → *「於」=(置き字)
猶水之無分於東西也。」
→ 猶ほ水の東西を分かつ無きがごときなり。」と。
★ 水が東と西とを区別せず流れるようなものである。」と。
  → *人にも善と不善の区別がない⇔(水は西にも東にも流れ、水自体にその区別はない)




孟子日「水信無分於東西、
→ 孟子曰はく、「水は信に東西を分かつ無きも、
★ 孟子は(それに反駁して)言う、「水は確かに東と西との区別なく流れるが、
  → *「信」=まことニ(いったん相手の意見に納得しつつもこの後反対意見になる)
無分於上下乎。
→ 上下を分かつ無からんや。
★ 上下の区別なく流れることがあろうか。
  → *「乎」=(未然形+ん+)や → 反語
人性之善也、猶水之就下也。
→ 人性の善なるは、猶ほ水の下きに就くがごときなり。
★ 人の本性が善であることは、水が低いほうに流れるようなものである。
  → *人は必ず善となる性質を持つ⇔水は必ず低い方に流れる
人無有不善、水無有不下。
→ 人善ならざること有る無く、水下らざる有る無し。
★ 人の本性が善でないことはなく、水が低いほうに流れないことはない。
  → *「~ならざること有る無く」=~でないことはない=必ず~だ(二重否定)
今夫水、搏而躍之、可使過類、
→ 今夫れ水は、搏ちて之を躍らせば、額を過ごさしむべく、
★ 今、水を手で打ってはねさせてみれば、人の額を飛び越えさせることもできるし、
  → *「今夫」=いまそレ(今仮に) *「之」=水
激而行之、可使在山。
→ 激して之を行れば、山に在らしむべし。
★ 水を遮り、水勢を激しくすれば、山の上に上らせることもできる。
  → *「搏」「激」は共に、外からの別の力であり、水そのものの自然の力ではない点が重要
是宣水之性哉。
→ 是れ豈に水の性ならんや。
★ しかしそれが、どうして水の本性だといえようか、いや、いえない。
  → *「性ならんや」=未然形+ん+や → 反語




其勢則然也。
→ 其の勢則ち然るなり。
★ 外から加える勢いがそうさせているのである。
  → *「勢」=「搏」「激」=外からの人為的な力
人之可使為不善、
→ 人の不善を為さしむべきは、
★ 人についても不善を行わせることができるのは、
  → *「之」=の *「可」=べき
其性亦猶是也。
→ 其の性も亦猶ほ是くのごとければなり。」と。
★ その本性がやはり(水の場合と同じく)外からの勢いに影響されるからである。」と
  → *人は性質としては必ず「善」である。しかし時に「不善」になるのは、必ず下に流れるはずの水が人為的な力で上に上ることがあるのと同様に、人為的な外からの力の結果である。

必ず出る!

性善説 テスト問題 PDF

役に立ったら、はい!



moriyama について

時習館ゼミナール/高等部
カテゴリー: スタディーサポート, 古典 全訳とポイント, 国語 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。