古典 全訳とポイント 古文 源氏物語「若紫1」&テスト

全訳とポイントを見る前に、はい!



日もいと長きに、つれづれなれば、
→ 日もまことに長いうえに、なすこともなく退屈なので、
*「つれづれなり」=退屈である・手持無沙汰だ
夕暮れのいたう霞みたるにまぎれて、かの小柴垣のもとに立ち出で給ふ。
→ (光源氏は)夕暮れのたいそう霞んでいるのに紛れて、あの小柴垣のもとにお出かけになる。
*春は「霞」 秋は「霧」 はっきりと見えずぼんやりしている風景が美しい。
人々は返し給ひて、惟光の朝臣とのぞき給へば、
→ 供の者たちは(都に)お帰しになって、惟光の朝臣と(小柴垣のうちを)おのぞきになると、
*「のぞく」=「垣間見(かいまみ)」垣根の隙間から家の中(の女性)を覗き見ることは一般的
ただこの西面にしも、持仏据ゑ奉りて行ふ、尼なりけり。
→ ちょうどこの西向きの部屋に、持仏を安置申し上げてお勤めをする、尼なのであった。
*「行ふ」=仏道修行する・お勤めをする
簾少し上げて、花奉るめり。
→ 簾を少し上げて、花をお供えするようである。
*「めり」=(視覚)推定の助動詞 源氏が覗き見しながら、花を差し上げているようだと推定している




中の柱に寄りゐて、脇息の上に経を置きて、
→ 中央の柱に寄りかかって座り、脇息の上に経を置いて、
*「ゐる」=座っている
いと悩ましげに読みゐたる尼君、ただ人と見えず。
→ ひどくだるそうに読経していた尼君は、並の身分の人とは思えない。
*「悩ましげなり」=具合が悪そうに *「ただ人」=普通の人・普通の貴族
四十余ばかりにて、いと白うあてに痩せたれど、
→ 四十を過ぎたくらいで、まことに色が白く上品で痩せているけれども、
*「あてなり」=上品だ
つらつきふくらかに、まみのほど、髪のうつくしげにそがれたる末も、
→ 頬はふくよかで、目もとの辺りや、髪が可憐な感じで切りそろえられている端も、
*「そがれたる」=尼なので、髪は短くしてある
なかなか長きよりもこよなう今めかしきものかな、とあはれに見給ふ。
→ かえって長いものより格別に当世風で気がきいているものであると(光源氏は)しみじみと心ひかれてご覧になる。
*「なかな」=かえって *「今めかし」=当世風だ
清げなる大人二人ばかり、さては、童べぞ出で入り遊ぶ。
→ こぎれいな年配の女房が二人ほど、それから女の童が出入りして遊んでいる。
*「清げなり」=(こざっぱりと)美しい
中に、十ばかりにやあらむと見えて、白き衣、山吹などのなれたる着て、
→ その中に、十歳くらいであろうかと見えて、白い下着に、山吹襲(の上着)などで身になじんでいる上着を着て、
*「山吹」=色の付いた衣の配色方法=襲色目(かさねいろめ)
走り来たる女子、あまた見えつる子どもに似るべうもあらず、
→ 走ってきた女の子は、大勢見えていた子どもたちとは比べようもなく、
*「あまた」=たくさん
いみじく生ひ先見えて、うつくしげなる容貌なり。
→ 成人後(の美しさ)はさぞかしと思いやられて、見るからにかわいらしい容貌である。
*「うつくしげなり」=かわいらしい
髪は扇を広げたるやうにゆらゆらとして、
→ 髪は扇を広げたようにゆらゆらとして(豊かであり)、
*「ゆらゆらとして」=髪が豊かである表現 髪は豊かな方が美人とされる
顔はいと赤くすりなして立てり。
→ 顔は(泣いた後らしく)手でこすってひどく赤くして立っている。
*「赤くすりなして」=泣いた後で顔が赤くなっていることを示す。




「何ごとぞや。童べと腹立ち給へるか。」とて、
→ 「何事ですか。子どもたちとけんかをなさったのですか。」と言って、
*「腹立つ」=喧嘩する
尼君の見上げたるに、少しおぼえたるところあれば、
→ 尼君が見上げている顔立ちに、(その子と)少し似ているところがあるので、
*「おぼゆ」=似ている
子なめりと見給ふ。
→ (尼君の)子であるようだと(光源氏は)ご覧になる。
*「なめり」=断定「なり」連体形撥音便無表記化+推定「めり」終止形

 

必ず出る!

若紫1 テスト問題 PDF

役に立ったら、はい!



moriyama について

時習館ゼミナール/高等部
カテゴリー: スタディーサポート, 古典 全訳とポイント, 国語 パーマリンク

1 Response to 古典 全訳とポイント 古文 源氏物語「若紫1」&テスト

  1. 匿名 のコメント:

    続きありますか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。