古典 全訳とポイント 漢文 「漱石枕流」&テスト

全訳とポイントを見る前に、はい!



孫子荊、年少時、
→ 孫子荊、年少き時、
★ 孫子荊は若いころ、
  → 「少」=わかシ
欲隠、語王武子、
→ 隠れんと欲し、王武子に語るに、
★ 俗世間から身を退けて暮らしたいと考え、そのことを王武子に語ろうとして、
  → 「欲」=~ントほっス[~と考える・思う] 「隠」=町を離れ田舎で隠居生活をする
当枕石漱流、誤曰、
→ 当に石に枕し流れに漱がんとすべきに、誤りて曰はく、
★ 「石を枕にして川の流れで口をすすぐ。」と言うべきところを、誤って、
  → 「当」まさニ~ベシ(再読文字)[当然~しなければならない]




「漱石枕流。」
→ 「石に漱ぎ流れに枕す。」と。
★ 「石で口をすすぎ、川の流れを枕とする。」と言ってしまった。
  → 単純な言い間違いをする。
王曰、「流可枕、石可漱乎。」
→ 王曰はく、「流れは枕すべく、石は漱ぐべきか。」と。
★ 王武子は、「流れを枕にすることができるのか。石で口をすすぐことができるのか。」と言った。
  → 「可」=べし[~できる] 「乎」=(連体形+)か[疑問 ~か]
孫曰、「所以枕流、欲洗其耳。
→ 孫曰はく、「流れに枕する所以は、其の耳を洗はんと欲すればなり。
★ 孫子荊は、「流れを枕にするのは耳を洗うためである。
  → 「所以]=ゆゑん[理由]
所以漱石、欲礪其歯。」
→ 石に漱ぐ所以は、其の歯を礪かんと欲すればなり。」と。
★ 石で口をすすぐのは歯を磨くためである。」と答えた。
  → 単純な言い間違いだが、隠居するという趣旨には理にかなっている点がおもしろい。

 

必ず出る!
漱石枕流 テスト問題 PDF

役に立ったら、はい!



moriyama について

時習館ゼミナール/高等部
カテゴリー: スタディーサポート, 古典 全訳とポイント, 国語 パーマリンク

3 Responses to 古典 全訳とポイント 漢文 「漱石枕流」&テスト

  1. 匿名 のコメント:

    疑問でなく反語

  2. 匿名 のコメント:

    教科書には疑問と書いてあります。

  3. 匿名 のコメント:

    www

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。