できる古文教科書 第3回 ~古今著聞集「大江山」~ テスト予想問題付き

古今著聞集 「大江山」
◆POINT
1.大江山いくのの道の遠ければまだふみも見ず天の橋立
2.なぜ定頼中納言は返歌も出来ず逃げて行ったのか?






本文
和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、小式部内侍、歌よみにとられて、よみけるを、定頼中納言たはぶれて、小式部内侍ありけるに、「丹後へ遣はしける人は参りたりや。いかに心もとなくおぼすらむ。」と言ひて、局の前を過ぎられけるを、御簾よりなからばかり出でて、わづかに直衣の袖をひかへて、
大江山いくのの道の遠ければまだふみも見ず天の橋立
とよみかけけり。思はずに、あさましくて、「こはいかに。かかるやうやはある。」とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引き放ちて、逃げられけり。小式部、これより歌よみの世におぼえ出で来にけり。



下のテスト問題をダウンロードする前にここ!







探し物は何ですか? 見つけにくいものですか♪








moriyama について

時習館ゼミナール/高等部
カテゴリー: Youtube配信授業, できる古典教科書, 国語 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。