できる古文教科書 ~第2回 伊勢物語「芥川」~  テスト予想問題付き

◆POINT
1.途中で女が見た「露」は何を暗示するか
2.女はどのような身分で、それはどこからわかるか?
3.白玉か何ぞと人の問ひしとき露と答へて消えなましもの






本文
昔、男ありけり。女のえ得まじかりけるを、年を経てよばひわたりけるを、からうじて盗み出でて、いと暗きに来けり。芥川といふ川を率て行きければ、草の上に置きたりける露を、「かれは何ぞ。」となむ男に問ひける。行くさき多く、夜もふけにければ、鬼ある所とも知らで、神さへいといみじう鳴り、雨もいたう降りければ、あばらなる蔵に、女をば奥に押し入れて、男、弓、胡簶を負ひて戸口にをり。はや夜も明けなむと思ひつつゐたりけるに、鬼はや一口に食ひてけり。「あなや。」と言ひけれど、神鳴る騒ぎにえ聞かざりけり。やうやう夜も明けゆくに、見れば率て来し女もなし。足ずりをして泣けどもかひなし。
白玉か何ぞと人の問ひしとき露と答へて消えなましもの



下のテスト問題をダウンロードする前にここ!






探し物は何ですか? 見つけにくいものですか♪








moriyama について

時習館ゼミナール/高等部
カテゴリー: Youtube配信授業, できる古典教科書, 国語 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。