古典 全訳とポイント 古文 「忠度の都落ち」

【注意】
全訳を見る方は必ずポチっとして下さいね!(´∀`)



薩摩守忠度は、いづくよりや帰られたりけん、 薩摩守忠度は、(都落ちする途中の)どこから帰られたのであろうか、
侍五騎、童一人、わが身ともに七騎とつて返し、 侍五騎、童一人(を連れ)、自分とともに七騎で引き返し、
五条三位俊成卿の宿所におはして見給へば、 五条三位俊成卿の邸にいらっしゃってご覧になると、
門戸を閉ぢて開かず。 門戸を閉ざしていて開かない。
「忠度。」と名のり給へば、 「忠度(でございます)。」とお名のりになると、
「落人帰りきたり。」とて、その内騒ぎ合へり。 「落人が帰ってきた。」と言って、邸の中(では人々)が騒ぎ合っている。
薩摩守馬よりおり、自ら高らかにのたまひけるは、 薩摩守は馬からおり、ご自身で声高らかにおっしゃったことには、
「別の子細候はず。 「(参上したことに)特別の理由はございません。
三位殿に申すべきことあつて、忠度が帰り参つて候ふ。 三位殿にお願いしたいことがあるので、忠度が帰って参ったのでございます。
門を開かれずとも、この際まで立ち寄らせ給へ。」 門をお開きにならないにしても、(せめて)この近くまでお寄りくださいませ。」
とのたまへば、俊成卿、 とおっしゃると、俊成卿は、
「さることあるらん。その人ならば苦しかるまじ。 「しかるべき事情があるのだろう。その人ならば差し支えあるまい。
入れ申せ。」とて、門を開けて対面あり。 お入れ申し上げよ。」と言って、門を開けてご対面になる。
ことの体何となうあはれなり。 その場の様子は何とも言いようもなく感慨深いものだった。
薩摩守のたまひけるは、 薩摩守がおっしゃったことには、
「年ごろ申し承つて後、 「長年の間、和歌のご指導をいただいてから、
おろかならぬ御事に思ひ参らせ候へども、 (和歌の道を)並一通りでない(大切な)ことに思い申しておりますけれども、
この二、三年は、京都の騒ぎ、国々の乱れ、 この二、三年は、京都の騒ぎや、諸国の乱れ(が起こり、それが)、
しかしながら当家の身の上のことに候ふ間、 すべて当家の身の上に関することでございますので、
疎略を存ぜずといへども、常に参り寄ることも候はず。 おろそかにはいたさないというものの、つねづね参上することもございませんでした。
君すでに都を出でさせ給ひぬ。 主上(=安徳天皇)はすでに都をお出ましになりました。
一門の運命はや尽き候ひぬ。 (我が平家)一門の運命はもはや尽きてしまいました。
撰集のあるべき由承り候ひしかば、 (近く)勅撰和歌集の編集があるだろうということを承りましたので、
生涯の面目に一首なりとも、御恩をかうぶらうと存じて候ひしに、 生涯の名誉として一首なりとも、(あなた様の)ご恩情をこうむりたいと思っておりましたのに、
やがて世の乱れ出できて、その沙汰なく候ふ条、 すぐに世の乱れが起こって、その(撰集の)ご下命がございませんことは、
ただ一身の嘆きと存じ候ふ。 ただもう(私)一身にとっての嘆きと思っております。
世しづまり候ひなば、勅撰の御沙汰候はんずらん。 (やがて)世の中が静まりましたならば、勅撰のご下命がございましょう。
これに候ふ巻物のうちにさりぬべきもの候はば、 ここにあります巻物のうちに適当な歌がございましたならば、
一首なりとも御恩をかうぶつて、 一首なりともご恩情をこうむって(入集させていただき)、
草の陰にてもうれしと存じ候はば、 草葉の陰でもうれしいと存じましたならば、
遠き御守りでこそ候はんずれ。」とて、 遠いあの世から(あなた様を)お守りいたしましょう。」と言って、
日ごろ詠みおかれたる歌どもの中に、 平生詠んでおかれた数々の歌の中で、
秀歌とおぼしきを百余首、書き集められたる巻物を、 秀歌と思われるものを百余首書き集めなさった巻物を、
今はとてうつたたれける時、これを取つて持たれたりしが、 もはやこれまでと(都を)出立された時、これを取って持たれていたが、
鎧の引き合はせより取り出でて、俊成卿に奉る。 (それを)鎧の引き合わせから取り出して、俊成卿に差し上げる。
三位これを開けて見て、 三位はこれを開けて見て、
「かかる忘れ形見を賜りおき候ひぬるうへは、 「このような忘れ形見をいただきおきましたうえは、
ゆめゆめ疎略を存ずまじう候ふ。御疑ひあるべからず。 決しておろそかにはいたさないつもりです。お疑いなさいますな。
さてもただ今の御渡りこそ、情けもすぐれて深う、 それにしても、このたびのご訪問は、風雅の道へかけるお心もとりわけ深く、
あはれもことに思ひ知られて、感涙おさへがたう候へ。」 しみじみとした思いもいちだんと感じられて、感動の涙をこらえることができません。」
とのたまへば、薩摩守喜んで、 とおっしゃると、薩摩守は喜んで、
「今は西海の浪の底に沈まば沈め、 「今となっては西海の波の下に沈むのならば沈んでもよい、
山野にかばねをさらさばさらせ、 山野に屍をさらすのならばさらしてもよい、
浮世に思ひおくこと候はず。さらばいとま申して。」とて、 つらい世の中に思い残すことはございません。それではお別れを申して(参ります)。」と言って、
馬にうち乗り、甲の緒を締め、西を指いてぞ歩ませ給ふ。 馬に乗り、甲の緒を締め、西に向かって(馬を)歩ませなさる。
三位後ろを遥かに見送つて立たれたれば、 三位が(その)後ろ姿を遠くになるまで見送って立たれていると、
忠度の声とおぼしくて、 忠度の声と思われる声で、
「前途ほど遠し、思ひを雁山の夕べの雲に馳す。」と、 「前途ほど遠し、思いを雁山の夕べの雲に馳す。」と、
高らかに口ずさみ給へば、 声高らかに吟じなさったので、
俊成卿いとど名残惜しうおぼえて、涙をおさへてぞ入り給ふ。 俊成卿はますます名残惜しく思われて、涙をこらえて(邸内に)お入りになる。
その後、世しづまつて、千載集を撰ぜられけるに、 その後、世の中が静まって、(俊成卿は)『千載和歌集』をお撰びなさった時に、
忠度のありしありさま、言ひ置きし言の葉、 (自分に巻物を託しに来た)忠度の生前の様子や、言い残した言葉を、
いまさら思ひ出でてあはれなりければ、 今あらためて思い出してしみじみと感慨深かったので、
かの巻物のうちに、さりぬべき歌いくらもありけれども、 例の巻物の中には(勅撰集に入れるのに)適当な歌が何首もあったけれども、
勅勘の人なれば、名字をばあらはされず、 天皇のおとがめを受けた人であるから、名字を明らかになさらず、
「故郷の花」といふ題にて、詠まれたりける歌一首ぞ、 「故郷の花」という題で(忠度が)詠まれた歌一首だけを、
「よみ人知らず」と入れられける。 「よみ人知らず」としてお入れになった。
さざなみや志賀の都は荒れにしを 志賀の都は荒れてしまったが、
昔ながらの山桜かな 長等山の山桜は昔そのままに美しく咲いていることだなあ。
その身朝敵となりにしうへは、 その身が朝敵となってしまったからには、
子細に及ばずといひながら、 とやかく言うことではないとはいうものの、
うらめしかりしことどもなり。 残念なことであった。

 

学習応援サイト“スタサポ”の存続のために、
ぜひポチっとご支援下さい~!(^^)!



moriyama について

時習館ゼミナール/高等部
カテゴリー: スタディーサポート, 古典 全訳とポイント, 国語 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。