CROWN Lesson3 Section1 全訳

【注意】
全訳を見る方は必ずポチっとして下さいね!(´∀`)



Lesson 3
Writers without Borders 国境なき作家たち
We are born into a specific language and culture. 私たちはある特定の言語と文化のもとに生まれる
But しかし
if we wish, 私たちが望むなら
we can change our lives. 私たちは私たちの人生を変えることができる
These three writers tell us これらの3人の作家は私たちに教えてくれる
that it is possible to move across borders of language and culture. 言語や文化の境界を越えることは可能であることを
Section 1
Chinese writer Yang Yi 中国人作家の楊逸(ヤン イー)は
is the first non-native Japanese speaker 最初の日本語を母語としない日本語話者だ
to receive the Akutagawa Prize. 芥川賞を受賞した
Her novel, 彼女の小説
Toki ga Nijimu Asa, 『時が滲む朝』は
is about a Chinese student ひとりの中国人学生についてのものだ
who moves to Japan (その学生は)日本に移住する
in search of a new life. 新しい生活を求めて
When Yang moved to Japan 楊が日本へ来たとき
at the age of 22, 22歳で
she did not speak a word of Japanese. 彼女は日本語をひと言も話さなかった
Learning Japanese was a lot of fun for her. 日本語を学ぶことは、彼女にとってとてもおもしろいことだった
She took lessons 彼女は授業を受けた
and, after class, そして授業のあと
practiced by talking to as many Japanese people as possible. できるだけ多くの日本人と話すことによって練習した
“I talked to anyone who looked friendly,” 「私は愛想がいい人ならだれにでも話しかけた」
she explains. 彼女は説明する
“I talked to ojisan 「私はオジサンに話しかけた
working at bicycle-parking places, 駐輪場で働く(オジサンに)
even when I had nothing important to say.” 私が言うべき重要なことがなかったときでさえ」
She also listened to other people’s conversations. 彼女はまた、他人の会話にも耳を傾けた
“When I understood even a few words, 「私がほんの少しでもことばを理解できたとき
I was happy,” 私はうれしかった」
she says. 彼女は言う
“It made me excited all day!” 「それは私を一日中興奮させた」

学習応援サイト“スタサポ”の存続のために、
ぜひポチっとご支援下さい~!(^^)!



moriyama について

時習館ゼミナール/高等部
カテゴリー: スタディーサポート, 英語 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。