高校入試対策英語 第1講

 さて、夏休みも終わり、いよいよ勝負の2学期です! 受験勉強ははかどっているでしょうか?
 今日から、毎週、「英文読解」「英文法」「英作文」の3つを、動画授業していきます。高校入試に必要な英語力をしっかりと指導しますので、キミたちもしっかりと受講して下さい!
 学習方法は、
  ①まず導入解説をよく読む!
  ②次に動画を見る!
  ③必要なことをノートに取る!
  ④最後にもう一度問題を解き直す!
 これでバッチリです!
 では頑張りましょう!
◆導入解説
 1.英文読解
 英文を読む時には、いくつかの部分に分けましょう。英文を分ける時には / (スラッシュ) という記号を使います。この時、どこで分けて、どう訳すかが重要です。少しずつルールを覚えていきましょう!
ルール1 述語動詞(現在形・過去形・進行形・受動態・完了形・助動詞+原形)を見つけて、その述語動詞の前に /(スラッシュ)を入れ、「○○が」と訳す。ここが主語になる。
ルール2 述語動詞がbe動詞ならば、/(スラッシュ)の後ろは「~~です」と訳す。
ルール3 述語動詞が一般動詞ならば、/(スラッシュ)の後ろは「~~を(に)」と訳す。
ルール4 前置詞がある時は、その前置詞から次の名詞までを(カッコ)でくくる。これは修飾語になる。
ルール5 時間や場所を示す言葉がある時は、(カッコ)でくくる。これは修飾語になる。
 3.英作文
 英作文をする時は、まずは日本語をよく読んで、主語・動詞・補語・目的語を考えましょう。次に、英語には語を並べる順序があるので、そのルールに従って並べていくだけです。
ルール1 日本文の最初にある「○○が」を見つける。それが主語になる。
ルール2 日本文の最後にある「~~する」あるいは「です」を見つける。それが動詞。ただし、「です」は省略されることもあるので注意する。
ルール3 主語と動詞で「○○が~~する」「○○はです」という文が正しく成立することを確認する。
ルール4 英文では最初に主語を書き、次に動詞を書く。
ルール5 be動詞の文の場合は「×× です」の「××」の部分(補語と呼ぶ)を、be動詞の後ろに書く。
ルール6 一般動詞の文の場合は「△△(に)~~する」の「△△」の部分(目的語と呼ぶ)を、一般動詞の後ろに書く。
◆問題演習
 テキストをPDF形式でダウンロードしたい方は コチラからどうぞ !
1.英文読解
 
1) Ken is my friend.
 
2) My father took us to the zoo yesterday.
 
3) She is my English teacher.
 
4) Twenty students visited Japan from Australia.
 
2.英文法
 
1) I am (tall, taller, tallest) than my mother.
 
2) We (need, are needed) a lot of money for the work.
 
3) A lot of money (need, is needed, are needed) for the work.
  
3.英作文
 
1) ナンシー(Nancy)は英語の先生です。
 
2) 彼女はとても優しい。
 
3) 彼女は毎日たくさんの本を読む。
◆解説動画

 
 
 

moriyama について

時習館ゼミナール/高等部
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。